脳血管治療センター
当センターについて 脳血管内治療について スタッフプロフィール
THE JIKEI UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE


脳血管治療とは
脳血管内治療とは、脳血管内治療(あるいは手術)とは鼠徑部よりカテーテルを頭蓋内血管まで挿入し、レントゲン透視下に血管内部から脳血管障害(脳卒中)やある種の脳腫瘍、脊椎疾患を治療する新しい分野です。従来の開頭法による手術では治療困難であった様々な疾患が、この新しい方法によって治療可能となってきました。
脳血管治療の対象となる主な疾患
主に出血性疾患(塞栓療法)と虚血性疾患(血管形成術)とに分類されます。
1.出血性疾患
脳動脈瘤脳動静脈奇形硬膜動静脈奇形
詳細はこちら

2.虚血性疾患
脳梗塞内頚動脈狭窄症頭蓋内狭窄症
詳細はこちら
What's New
2006.6.12 Stanfordだより
2006.2.10 UCLAだより
2005.10.12 最近のトピックス
2005.10.12 第2endvascular OR誕生

最新の手術環境

Endovascular OR / Endovascular OR2
詳細はこちら
copyright(c)2003-2005 DEPARTMENT OF NEORUSURGERY JIKEI UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE