脳血管治療センター
TOP 当センターについて 脳血管内治療について スタッフプロフィール
THE JIKEI UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE

  脳血管内治療について  

脳血管内手術室および機器
脳血管内治療専用の開頭手術にも対応できる脳血管内治療専用血管撮影装置をシーメンス社と共同開発し、手術室内で治療を行っています。
脳血管内治療の利点
開頭手術と比べると患者への負担が少なく、全身状態の悪い患者さんや高齢者も治療対象となる。
複数の動脈瘤も一度の手技で治療可能。
治療時間も開頭手術と比較して短時間で可能なことが多い。
治療後の入院期間も短く、早期社会復帰が可能。
脳血管内治療の欠点
動脈瘤では瘤の形状により完全閉塞が得られないことがあり、再治療が必要になったり定期的な術後血管撮影が必要になる。
動脈瘤の術中破裂など合併症が一旦発生した場合には、直視下で行う開頭手術と比べて症状が重篤になりうる危険性がある。
動脈硬化の程度が強く、血管の屈曲や蛇行が著明な場合(特に高齢者)には、病変部位にカテーテルを留置できないことがある。
長時間にわたる手技では被爆による脱毛などの合併症も問題となる。
copyright(c)2003-2005 DEPARTMENT OF NEORUSURGERY JIKEI UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE